ピークを迎えている2017年1〜3月期の米企業決算の発表で、外食大手の米マクドナルドと米飲料大手コカ・コーラの業績が明暗を分ける形となった。マクドナルドは25日、検討していた日本マクドナルドホールディングス(HD)の株式の一部売却を取りやめたと明らかにした。業績の改善が背景にあるとみられる。

 米マクドナルドは日本マクドナルドHDの約5割の株式を握る。電話会見したケビン・オザン最高財務責任者(CFO)は「日本のマクドナルドへの我々の持ち分について最近、見直しを終えた」と表明。現段階で、売却に向けた作業は進めない意向を明らかにした。

 日本マクドナルドHDは16年12月期決算で3年ぶりに最終黒字に転換し、米マクドナルドの業績が上向く要因にもなった。1〜3月期決算は、純利益が前年同期より8%増えて12億1480万ドル(約1350億円)。既存店の比較では売り上げが同4%伸びた。

 北米では、「エッグマックマフィン」などの朝食メニューを終日出す試みが功を奏した。品質を高めるため、大型ハンバーガーの「クォーターパウンダー」に使う肉を冷凍から冷蔵に切り替える方針を打ち出すなど、攻勢を強めている。

 一方、コカ・コーラは25日、米アトランタ本社の管理部門などで働く従業員のうち、約2割にあたる1200人を18年までに削減すると明らかにした。消費者の健康志向の高まりなどで主力の炭酸飲料が苦戦しており、追加のリストラに踏み切る。

 同社には全世界で10万人以上の従業員が働いているが、今回は経営・管理に携わる約5500人が削減対象。ジェームズ・クインシー最高執行責任者(COO)は電話会見で「より集中した、ぜい肉の少ない組織にする」と説明した。すでに公表している分と合わせ、計38億ドル(約4200億円)のコスト削減を19年までに進めるという。

 この日発表した1〜3月期決算では、売上高が前年同期より11%減の91億1800万ドル(約1兆円)。純利益は前年同期から約2割減って11億8200万ドル(約1300億円)となった。主力の北米で出荷量が同3%減った。(ニューヨーク=江渕崇)

朝日新聞デジタル 4/26(水) 12:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000042-asahi-bus_all

コメント一覧
比べるのがおかしくねえか
マックとコカ・コーラ?
91億ドルの売り上げで11億の利益があるのにリストラ続けるんか
向こうはすごいのう
>>2
不健康ビジネスの明暗ってことじゃね?
一蓮托生なイメージ
ジョージアをもうチョイ美味くしろよ

つーかなんで日本のマックと
米国のコカ・コーラを比較するん?
日本のコカ・コーラも炭酸系は落ちてるんでしょ。
非炭酸系は伸びたそうだけど。