ログの再利用です。突っ込み歓迎。

 

質問
なぜ最近の女の子アニメは中学2年の設定が多いのでしょうか?

 

私の回答
セーラームーン以前の女の子番組は
キャラを対象の子と同年齡にすることが多かったようです。
(画像は『魔法の妖精ペルシャ』)


 

escape53.jpgこの時代は変身後にお姉さんになっていた。
その後セーラームーンで
「最初からお姉さんにしたほうが受ける」ことが偶然発見された。

理屈は完全には解明されてないみたいです。
 
ここから下は想像だけで書いてます。
 
人気が出て番組が継続する場合、中2なら
・リアルに進級、卒業させるか
・サザエさん時間で循環させるか、後で決められる。

 
中1だと循環させた時「主人公が毎年入学式」になり不自然。
中3だと卒業や進路が話題にならないのが不自然。

 
高校生は恋愛要素が出てくるし
親や友人との関係も複雑になる。
小さい子には不適切なので消去法で中学、しかも2年が多くなると。
(画像は『フレッシュプリキュア!』)

 2581247.jpg 
蛇足
セーラームーン以降ですが
『おジャ魔女どれみ』が小学3年生でスタートしたのは当初から
「ヒットしたら最大4年続ける」「継続の場合はきちんと歳を取らせる」
計画があったように思えます。