ジャンプを持っているということは、いつでも読めるってことだけど、案外、読む時間もない。だって、週に1回出るから。

アクセス解析を見ていると「うろおぼえウロボロス!」なる言葉が出てきた。懐かしい。以下のような作品でしたね。

『うろおぼえウロボロス!』は、原作:西尾維新、漫画:小畑健による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2008年6・7合併号に掲載された。
うろおぼえウロボロス! - Wikipedia

 2008年の作品なので、マーケットプライスにも出品されてないよね…と調べてみると…。

 出品された形跡は、あったみたいです。このエントリを書いている時点では、在庫切れ。

ZIP???

もう読めない…という読切は、結構、あったりするので、インターネッツでZIPを探したくなる気持ちも分かりますが…まぁ、国会図書館に行くとかも、面倒と言えば、面倒かな。

  • 関連記事?
  • 「瞬間×ヒロイズム」と「うろおぼえウロボロス」の検証しているページの紹介など感想など

こんなことも書いていたなぁ…という感じです。

まぁ、そのうち、電子書籍が一般化したら、ジャンプの読切も、公式に読める時代が来るのじゃないかな?と思ったり。