①シャンプーはよく落とす

 

シャンプーはよく落とします。

でもリンスは軽くすすぐとか、すすがないものもあります。

裏の使用方法の表示をよく見ましょう。

 

 

②リンスは2、3分置いてから

 

リンスはすぐ落としてはリンスの意味がありません。

髪の毛1本1本をコーティングするのに2分ぐらいかかります。

なので、リンスは髪の毛によくなじませてから落としましょう。

 

 

③タオルドライは優しく包み込むように

 

シャワー後は髪の毛はふやけていて傷みやすくなっているので

タオルでガシャガシャ拭いてしまうと、キューティクルが傷んでしまうので

髪の毛をタオルではさみ、ポンポンと水気を取りましょう。

 

 

④ドライヤーは上から熱を当てて

 

キューティクルは髪の毛の根元から毛先に向けて、下向きに剥がれます。

そのため、下から熱をあてると、キューティクルが剥がれてしまい、パサつきの

原因になってしまいます。

 

 

⑤シャンプー後は冷水・ドライヤー後は冷風

 

髪の毛を洗ったあと、ドライヤー後は熱で髪の毛が傷みやすくなっています。

なので最後は冷たい水、風で引き締めてあげましょう。

 

 

 

 

これを始めてから、髪の毛がパサつかず、静電気にも強くなりました!

 

 

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

  • うっかりやっちゃってる?!ニキビの原因トップ3