腐りゆくもの

2018/12/20

臓物よりもむしろマインド

ケン・シーガル著「Think Simple」を読みました。

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

  • 作者: ケン・シーガル,林信行,高橋則明
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2012/05/23
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 8人 クリック: 519回
  • この商品を含むブログ (60件) を見る

ケン・シーガル。表にはあまり出てこないけどすごい人らしい!

倒産の危機にあったアップルに復帰したジョブズに再び起用され、 伝説のマーケティングキャンペーンThink Differentにクリエイティブ・ディレクターとして参画。 また「iMac」を命名したことでその後のアップルの「i」シリーズを生み出すなど、 アップルの復活において重要な役割を果たしている。
(本書、著者紹介より抜粋)


今ではすっかりMacユーザになり、家にあるApple製品は

  • MacBook Pro1台と
  • iPhone(3Gが2台(ほぼiPod専用)、4Sが1台(開発用の借り物))と
  • iPad(妻の)
  • iPod nano1台

とまぁ、中途半端なApple信者の私ですが、
数年前まではWindowsをばりばりと使っていました。(今でも仕事はWindowsですが)
今も欲しいものリストの上位には

  • iMac
  • iPad mini

とApple製品が並んでいます。
きっとこれからもApple製品を選ぶ確率が高いのではないかと思っています。
(Appleがバカなことをしない限りは(笑))

WindowsからMacに乗り換えた時、
なぜ使い慣れた物を捨てて乗り換える気になったのだろうと
ちょっと振り返ってみました。

それまでWindowsマシンでなにをしていたかというと大半の時間はオンラインゲームに費やしていました。
(まだ、YouTubeもニコ動もなかった)
社会人になって結婚してオンラインゲームに費やす時間がなくなったので、
ゲームをしないのであればWindowsである必要がなくなりました。
また、当時、妻がMac Bookを使っていたこともあってMacへの興味も少なからずあり、
Macってなんかカッコいいという漠然としたイメージもありました。

Macへ傾きかけていた私ですが、
Windowsユーザだった私は店頭で触った感じだけではMacってよく分からないな、
という気持ちもあったのです。

最終的にはMacを選びました。
その最後の一押しはシンプルであることに徹していたAppleの姿勢なのかな?と
本書を読んでいてそう感じました。
操作なんてものは使っていると自然と身に付くものです。

本書は全編通して、スティーブ・ジョブズの仕事のやり方(=Appleという会社の仕事のやり方) を著者の体験から紹介しつつ、シンプルであることとはこういうことだ、ということが書かれていました。

普段の仕事と照らし合わせてみると、まったくシンプルではないことに愕然とします。
さらに、大半の会社(特に日本の企業)はシンプルさとはほど遠いところにいるのではと思ってしまいます。
Appleをビジネスモデルとしてシンプルさを取り入れようとする
企業は数多くあるそうですが、大抵失敗に終わるそうです。
一部だけの物事にシンプルさを適用しても効果は薄く、
全体としてシンプルさの支持者とならなければ最大限の効果を得られない。
おいしいところだけちょっと摘むなんてのは甘いよ!ってことですね。

シンプルであることは、複雑であることよりもむずかしい。
物事をシンプルにするためには、
懸命に努力して思考を明瞭にしなければならないからだ。
だが、それだけの価値はある。
なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、山をも動かせるからだ。
───スティーブ・ジョブズ
(本文より抜粋)

仕事も人生もシンプルでありたいものです。
まずはそう思うことが大切なのではないかと思います。

火入れ♪

2018/07/06

 

 アラジン 点火!
やっぱブルーフレームは綺麗やわ^^

f:id:moistenball:20151201192813j:plain

 

 

 

↓↓いつもポチありがとうございます。
皆様のポチで励みになります^^

みなさま、こんにちは。
いつもアクセスありがとうございます。☆

国内売上4年連続NO,1*のミネラルコスメブランド「オンリーミネラル」より「ロマンティックカラーコレクション」アイシャドウ全3色・ブラッシュ全1色が8/1より新発売。
微粒子ミネラルの濡れたような艶と上品な発色で、 魅惑的な表情をつくり、ひと塗りでグラデーションがつくれ 立体的で陰影のある顔立ちに。
美しい仕上がりと肌へのやさしさを追求したミネラル100%のアイシャドウ&ブラッシュです。

f:id:ouvea:20160824120744j:plain

eturaku.jp

HOKKAIDO アイデアソン&ハッカソン2014セミナー というイベントがありました.
ありがたい事に,主催?の島田さんに御声かけ頂いたので,行って参りました.
 
残念乍ら,01/18(土) と 01/19(日) の両日は Ohorec のため,北見へ帰りました.
ハッカソンも出たかった思いを,記事の最後に書いておきました.

0. お礼


まず始めに申し上げておかなければならないことがございます.
今回の参加にあたって株式会社 えにしテック様より移動費のご支援を頂きました.
 
学生に今回の話を聴いてほしい!という声を受けて,
ふらふらと釣られただけにも関わらず,
ご支援して下さると伺ったときは,おおなんとありがたいことか!
と感動しました.
 
セミナーにしか参加できなかったのがとても悔やまれますが,
負担も少なく,とてもよいお話を伺えたので大変感謝して居ります.
ありがとうございました.
 
ということで,内容に触れて参ります.

1. 当日と自分の感じ


この日のイベント前にも色々ありましたが,此処ではスルーします.
期を狙ってブログにまとめてみるかな.
 
お話を聴いている中で全体的に「とにかく手を動かそう.そしたらわかる.」
という考えが伝わってきました.
// もしかすると,楽しいからやってるだけなのかも知れませんが.
 
考えてもやってみないと分からない事があるのは事実ですので,よくわかります.
しかし,「何も考えないで,まず手を動かす」と捉えられ兼ねないなと,
そして,かくいう自分もどことなくそう捉えていました.
楽しそうではあるけれど,現実的じゃないというか,ちょっと冷めた感じでした.
 
言ってしまうと,そういう人達は遠くから眺めていたような気がして,
いい機会なので話を聴いてみようと思い立ったのが今回でした.
 
正直,イケイケな学生達がもっとアレな感じになっちゃうイベントなんじゃ.
と思っていた節もありましたが,最後まで聴くとそうでは無さそうでした.

2. お話を拝聴して


和田 裕介さんのお話

諸事情がありまして,会場へは遅れて足を踏み入れました.
すでに,和田さんのお話が始まっていたのですが,興味深く聴いて居りました.
 
「つくらない人」の存在について触れられたときは,うんうんと同感していました.
大昔,処理研部長時代はこれを試みてはいました.
// うまく行きませんでしたが
 
約70人の所属があり,パソコンを使って何かをつくる学生の集まりであるところで,
人々の問題を解決するのは容易な事ではありませんでした.
 
ほぼ全員,つくることが一番優先ですから,それに集中する為に管理が必要でした.
紆余曲折があって,最終的には周りを巻き込むべしと他の部員に云われて,
管理部隊は複数人数になってしまいましたが,それに近いものを感じました.
 
そんなことに思いを馳せ乍ら,
作れる人の周りには作らせてあげる人が必要なんだと思いました.
 
つくる人の気持ちがわかるのはつくる人.
しかし本気で取り組んだ人のみだと思っています.
やってたけど自分に向いてなかったとか,そういう人が適切なのでしょうか.
貴重な存在です.にわかではできないことだと思います.
 
ものづくりする人と,その周りの人にはわかっていて欲しい事です.  
Twitter を見ると資料を上げて下さっていたようなので,此処に示します.

中村 涼 さんのお話

まず,コードの書き過ぎによる眼精疲労で失明という字面.
非常に危険なものを感じますね!
 
しかし,私が聴いている中でおもしろいなあと思ったのは,
タッチタイプを修得する為に「押したキーに依って違う音階がなるツール」でした.
これは,昔遊んでいた ChucK という言語で,
似たようなものを実装したことがあります.(一緒だった)
アスキーコードをそのまま midi 信号として鳴らしているだけです.
 
私は特にそういった問題を抱えてなかったので,活用できませんでした.
(これ使ってたら うっさいわ とか言われるしうるさいしー)  
問題なければ解決する手段は現れず,喩え何かを解決できるものでも,
活用できる機会がなければ,悲しい玩具になってしまうことを実感しました.
 
更に,問題を解決していくと新たな問題に出会うことや,
身の周りの問題,つまり自分の問題を解決していき力を蓄えていくことの大切さも,
自分と照らし合わせ乍ら聴いて居りました.
 
大きな問題を解決する力や知見は,積み重ねからなるものなのでしょう.
それをもっと理解するいい機会となりました.

設樂 洋爾さんのお話

最後に現れた設楽さんはまず

此処まではバシバシ進んでいく感じでしたが,落ち着いた雰囲気.
 
しかしお話の内容からは,現実をよく見据えることの大切さが伝わってきました.  
モチベーションとソリューション,
動機と解決法があって初めてものづくりが動き出すということでした.
 
ここで私はとても為になる意見を手に入れました.
基本的には問題があってそれを解決する為に,技術などを磨き立ち向かう
という方針であると思っていましたが,それでは困った事があるようです.
 
理想は幾らでも大きくなり,自分たちのできる範疇を簡単に越えていき,
未完成の内(問題が解決する前)にプロジェクトが消えてしまう現象が起こる.
 
つまり,問題を解決する為には自分のできる範疇から取り組むということ.
人生の長い目で見れば,そうでなくともいい場面もあるかもしれません.
しかし,問題も欲求も待った無しです.
できあがることで初めて価値が生まれるのならば,未完成ではなりません.
 
特に,ハッカソンの様に時間制限があり,勉強できる時間も限られている場合,
できない事をできる様にすることは,かなり難しい事が予想されます.
このようなときに,膨れ上がる目標を抑え,自分の技量を把握した上で,
ものづくりに望まねばならないのでしょう.
 
私はこの発表から,プロの強い意志の様なものを感じ取りました.
遊びでものづくりするのとは少し違う,覚悟というか責任感というか.
実現することへの姿勢に関するお話だったと思っています.
 
非常に大切なものづくりに対する姿勢,振り返ってみるいい機会でした.
こちらも資料が上がって居りましたので,此処に示します.

終わった後

2冊程,本の紹介がありまして,見たい人は見にいらっしゃいというので,

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)

  • 作者: 和田裕介
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 29人 クリック: 685回
  • この商品を含むブログ (27件) を見る
WEB+DB PRESS Vol.73

WEB+DB PRESS Vol.73

  • 作者: 設樂洋爾,白土慧,はまちや2,大和田純,松田明,後藤大輔,ひろせまさあき,小林篤,近藤宇智朗,まかまか般若波羅蜜,Mr. O,川添貴生,重国和宏,柳澤建太郎,奥野幹也,佐藤鉄平,後藤秀宣,mala,中島聡,堤智代,森田創,A-Listers,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/02/23
  • メディア: 大型本
  • 購入: 12人 クリック: 131回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
なんてありがたい事でありましょう.北見から行った甲斐があります.
まだ,細かくは読めていないので,しっかりと読みたいところです.
 
前に行って見たときに感じたのは,技術書というよりは指南書というか,
技術についても触れられているが,それ以上に背景に力を込めている.
そんな印象でした.
 
あまり,そういった本を読もうと自ら手にしたことは無いので,興味深いです.
// @jsakamoto さんからもらった本もそんな感じだと思う

3. まとめ


ものづくりをする環境,力の付け方,ものづくりをする者の姿勢.
この3つに触れられた非常にタメになるお話ばかりでした.
 
あの会場に居た人がどんな風に捉えたのかは分かりませんが,
私が得て帰って来たのはこんなところです.
 
1つ1つのお話を単体で聴いたとしても魅力的でしたが,
順番に聴く事でより身体に浸透したものと思われます.
非常によい経験をさせて頂いたというかよい機会を得ました.
 
改めて,島田さんありがとうございました!

x. 後日談


会場では幾度と無く島田さんに「何かつくりたくなって来たでしょ?」と,
創作意欲が沸き立つ中,更にその意志を確認されまくったので,作りました.  
Ohotechで欲しがっていたものです.
GoogleSpreadSheetからデータを引っ張って来て,円グラフを出力するやつ.
CUI とか弄れない運営勢でも生成可能な様に,Web で弄れる様にしました.

Bitbucket - Ohotech Pie
sample
出力例

ver.1 ってことで,重たいのは許してほしいし,コメント集めるのもできるけど,
円グラフの方がめんどくさいだろうから,さっさと現場に投下しました!
 
ハッカソンの御題は「1タップ(クリック)以内で価値が生まれるもの」らしいです.
これは,ほぼワンクリックで円グラフ出るから...... ちょと微妙ですか.
色々あって,Webページの公開はしませんが,ソースあるのでそれで......
 
参加できなかったけれど,ものづくり欲は消化しました!

K134 白い魔法使い 青い猿 音4

 

 

 白い魔法使いは、受け入れ受け流す

今日は「白い魔法使い」のエネルギーが流れます。キーワードは「赦す」「受容」「ベストを尽くす」。

人を許すためのポイントとは、まず自分を許すこと。あとはベストを尽くすこと♪

今日は頼まれごとは「全部引き受ける」気持ちで過ごすといいかもしれません。

もちろんウェイブスペルは「青い猿」なので根底には「遊び心」「楽しむ」姿勢で!

「許しとは、踏みにじられたスミレの花が、自分を踏みにじったかかとに放つ香りである」 マーク・トゥエイン

 今日の神様カード

建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)

f:id:mayamuluc249:20160502102550j:image

 

直感でひらめきを得、それを大地に下ろしなさい。
ひらめきは天啓、天から落ちる雷です。
私には恐れるものなどありません。
はっきりとしたビジョンを描き、それを行動に移しなさい。
ためらっている暇などないのです。

【テーマ】
直感と行動力のバランス 勝利 グランディング(自分を 地につけること)

【カードからのメッセージ】
フレンドリーで明るくて大きな声の建御雷之男神が、今あなたに勝利をもたらそうとしています。
建御雷之男神は、雷神であり剣の神様。
強力な武器を持って国譲りや神武東征などの重要な場面で活躍して、勝利を勝ち取りました。
雷は人智を超えた天のパワー。
天からのメッセージは直感を通してあなたに伝えられます。
ひらめきを信じましょう。
建御雷之男神はただパワフルなだけでなく、明晰性と企画力をもちあわせています。
企画を行動に移すときです。
建御雷之男神は邪魔をするものを祓い、あなたを勝利に導きます。
和太鼓の音を聴くとさらにパワーアップするでしょう。
大きくゴールを設定して、はっきりとしたビジョンを描いてください。
建御雷之男神の拡大するエネルギーを受け、いつもより行動範囲を広げましょう。
山や草原に出かけてみたり、知らない場所や会合に顔を出すのも良いでしょう。
そして大きな声でハッキリと自分を表現してください。
微笑みと感謝とともに。



(出典『日本の神様カード』大野百合子・著)

前田日明 原理主義者を自認する

あの水道橋博士から

《前田日明 格闘技人生45周年》によせて

お祝いの言葉クラッカー

大晦日イベントへの期待の言葉メラメラ


を頂きましたアップ



ありがとうございます。



ホントにうれしいですアップ

励みになります音譜





水道橋博士より「前田日明 格闘技人生45周年」によせて - YouTube
で公開中ビックリマーク



みなさんも是非ご覧下さい!!

f:id:gantakun:20130602095803j:plain

コアラのマーチだよ・・・・・・

|恋愛小説r18

2018/07/03

恋愛小説って、知ってた?


アクション 友情系でオススメの小説はありますか? ライトノ
アクション 友情系でオススメの小説はありますか? ライトノベルは、自分の中で確率された世界観が壊されてしまうようであまり好みません。 できれば男女の恋愛が無いものでお願いします 。 昔読んだお気に入りは あさのあつこさんの「No.6」 最近読んだものは 福井晴敏さんの「川の深さは」です。 「川の深さは」のように、アクション内に恋愛が入っていなければ大丈夫です。 1度読み始めたら止まらない、ゴテゴテのアクション系だとなお嬉しいです!
ベストアンサーには納得です↓
Array

中学生向き恋愛小説私は中学1年です。
最近、恋愛小説にハマってます。 前は、本なんか全く読まない。 マンガでも読まない。 だったのに、なぜか恋愛小説だと読めるようになりました〜^^ ケータイ小説では...[趣味・アウトドア・車>読書>その他(読書)]
?

遡れば「高い」「怖い」と思われていた無料出会いサイトも、最近では安全性の高いサイトがいっぱい。その所以は、売上高の大きな大企業が事業展開を始めたことなどが考えられます。
出会いを欲するなら、下を向くのは今日までにして、日常的に首をしゃんと立てて元気な顔を心がけると良いですよ!口元をにっこりさせておくだけで、自分のイメージは想像以上に良くなります。
恋愛に関しての悩みは様々だが、大きく分けて同性ではない人への無自覚な反抗心、うろたえ、相手の考えていることが不明だという悩み、SEXにまつわる悩みだろうと推測しています。
以前からその人に関心を寄せていないと恋愛なんて呼べない!という概念は思い違いで、少し落ち着いて自身の心をそっとしておくことをご提案します。
日常生活レベルの英会話やxA5
泪薀愁鵑覆疋好⑤襪鮨箸砲弔韻燭い隼廚辰討い襪覆蕁△修譴眄疑神橘辰僚于颪い良寛濺垢任后﹆焫Г世舛醗貊錣任呂覆咩"貎佑辰④蠅覇驊颪垢襪海箸魎跑圓靴泙后xA3





【Goose house】竹渕慶 コメントムービー/収録曲「泣かないのは、もう」


今が旬のニュース!

写真撮影には運が必要、と思う部分「も」ある。
写真撮影において運に頼る比率の大小は、大きいほど初心者に近いと思う。最初は被写体やカメラの設定などの要素がよく分からなくて、全てが運頼みになりやすいからだと思う。
 
初心者のうちは、何故かいろんなことが上手く行った、ラッキーパンチな写真が撮れることがある。当然嬉しくなるし、それをきっかけに写真にはまることもあると思う。
でもラッキーパンチは、年に一度のクリスマスプレゼントのようなもので、それに満足してしまっては、写真撮影は上手くなれないと思う。
 
上手くなりたいと思うなら運に任せている比率を、自分でコントロールできることの比率に変えていって、徐々に自分の写真の平均点を上げていくことにシフトするべきだと思う。
 
じゃあ上手くなるにはどうするか、というと答えはラッキーパンチな写真の中にある。
その写真を撮った時のカメラの設定はどうだったか。晴れだった?曇りだった?光はどちらから射していた?何時くらいの光だった?
もう一度その写真を撮るにはどうしたらいい?あるいは、もっと良く撮るとしたらどうする?
 
でも、ある程度写真撮影が上手くなっても、運任せでなく、運を楽しみたい写真と言うのもある。
例えば私の撮った写真。とても面白いとは思っていないが、運を楽しむということはしたつもりだ。
 


洗い流すの - As with a bicycle, Koide Mawaru


広い海のどこを狙えば、面白い波の形になりそうか。これは岩が出ているところを狙って撮っている。波の形も何度もシャッターを切って、こういう感じになりそう、というところまではイメージしている。カラーで撮って、モノクロにすることも、ある程度はイメージしている。このくらいまでは、自分でコントロールできること。
でも高さのある波は待つしかない。波が岩を洗い流す瞬間も、高速シャッターを使っても、波が岩に当たってどのくらいの形、高さになるかは分からない。これは運に任せるしかない。

でもそれで、どんな波の形になるのか、運を楽しんでいるという写真。

自分のコントロールできる比率を上げるのは、自分の写真の平均点を上げることに必要だけれど、完全に運とさようならしてしまうのも味気ないかな、と思う。

あなたは、どのくらい運と仲良くしていますか。